定番スコッチウイスキー

ウイスキーの定番と言えるのはスコッチのブレンディドウイスキーだろう。一本千円前後で買えるスタンダードクラスと2千円ちょっとで10年から12年物ので作られたハイクラスの量産はお手ごろだけど、熟成樽、蒸留器、モルトとグレーンの割合、ピートの割合など製造方法の違いからそれぞれの個性があり楽しい。商品は通販のサイトにリンクしています。商品内容、価格、条件等は通販サイトで確認ください。

通販リンク  特徴

ジョニーウォーカー赤・黒

ジョニ黒、ジョニ赤と呼ばれてスコッチの代名詞的なブランド。ジョニ赤は力強くスモーキーな個性がカクテルなどにしても負けないのが売り。ジョニ黒は最低12年熟成されたウィスキーをベースにブレンドされているデラックス版でバニラやダークフルーツとスモキーな複雑でリッチな香りが楽しめる。
ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 40度 箱入り 700ml

バランタイン

ジョニウォーカー同様、スタンダードと12年熟成のデラックスとも人気のブランド。スタンダード版は「ファイネスト」、デラック版は「12年」。スモーキーさは弱く、バニラ、蜂蜜を思わせる甘く華やかな香りで、12年はさらに複雑でクリーミー。
サントリー ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン 12年 700ml

カティサーク

12年のデラックスよりスタンダード版が親しまれているのでは。ライトでスムーズ。スペイサイトのモルトとグレーンウィスキーをブレンドしてアメリカンオークダルで熟成。カラメル等で色の調整していないのも特徴。
カティサーク 12年デラックス 700ml

ホワイトホース

日本ではスタンダードの価格帯の定番。花や蜂蜜を想わせるフレッシュな香りで値段はお手ごろ。12年は日本専売品として開発されたもの。
ホワイトホース 12年 40度 700ml

 デュワーズ

日本ではそれほど有名ではないがアメリカではもっとも売れているウィスキー。ホワイトラベルはスパイシーさとマイルドさのバランスがハイボールに向くとの定評。12年はブレンドした後に再び樽に戻し6か月程度熟成させることによって、より上質でスムース、濃厚で丸みのあるフレーバーをもつ味わいに仕上っている。
デュワーズ 12年 700ml

シーバスリーガル

代表的な商品が12年物でスタンダードクラスは無く12年が定番として定着している。リッチでスムースなこのクラスのウイスキーでは圧倒的な存在感がある。味わいはバニラとヘーゼルナッツの風味と共に、熟したりんごと蜂蜜の味わいが広がるクリーミーでまろやかな舌触り。さらにミズナラは日本のウイスキーファンのためにブレンドした特別なスコッチウイスキー。
シーバスリーガル ミズナラ12年 700ml ブレンデッドスコッチウイスキー 箱入り スコットランド

 ティーチャーズハイランドクリーム

サントリーが押しているスタンダードクラスのスコッチ。スモーキーフレーバーがハイボールにピッタリ。ハイランドクリームとはハイランド・モルトの粋を集めて絶妙なブレンドをほどこした「ハイランドの精華(クリーム)」という意味。
ティーチャーズ ロイヤル ハイランド 12年 750ml(オールドボトル)

 ベル

イギリスでもっとも飲まれているスコッチ。圧倒的なスモーキーさとピート香がハイボールにピッタリ。サッチャー首相もこのハイボールを愛飲していた。12年が出ていた時もあったようだか現在はこの商品のみのようで潔い。

 VAT69

スタンダードクラスのスコッチの定番。100の樽を試作して69番目が良かったと言うことから命名されている。明るい色のボトルだが芳醇な香りと重厚なコクをもつ本格派スコッチ。

 J&B RARE

世界的にはかなり売れているスタンダードクラスのスコッチ。スペイサイド地方のモルトを核に42種類のモルトとグレーンをブレンド。スムースでバランスのとれた味わいとなっている。 コーラ、ジンジャーエール、ソーダなど色々な飲み物との相性も良くカクテルにも向いている。

 オールドパー

シルバーというノンエイジの日本限定商品もあるが12年が定番。昭和の政治家や、作家に愛飲された。フルーツのような甘い香りと、まろやかな口当たりが特徴。シルバーはソーダなどで割ることを想定している商品。
オールドパー シルバー 箱入り 750ml
安くてお買い得、大容量のウイスキー

世界のウイスキーの飲み比べ

スペイサイドモルトウイスキーの飲み比べ

アイラモルトウイスキーの飲み比べ

ハイランドモルトウイスキー飲み比べ